Karate mama tomo’sブログ

東京都小学生空手道選手権

2017-05-29

こんにちは。

5月28日、日曜日に
東京武道館で小学生大会がありました。
cMhMX9CpRIM_Ual1496019635_1496019667.jpeg

この試合の上位2名は
眞美先輩が出場した全国小学生大会に
出場することができます。

各学年、参加人数が100名を超える試合で
勝ち上がるには集中力、体力が必要な試合です。

1年生 りょう選手
4年生 こうた選手
5年生 しゅう選手、なお選手、はやと選手
はる選手、ゆうせい選手
6年生 えいと選手

8名の選手が出場しました。

結果は
1年生で、初出場の遼選手が
形でベスト8でした。

GoBUdZSH4vHh2641496019826.jpeg よくがんばったね。(o^^o)

5年生、陽選手、形ベスト16。
K37gNmJZZk6DfU61496019847.jpeg 遼選手のおにいちゃん!

兄弟そろっての入賞です!
ほんとによかったね。

試合では緊張、トーナメントなどでさえ
選手にとっては気になることばかり。

”先生、この子強い?
シードだよね?”と聞いてきた選手がいました。

さてさて、いろんなことを
考え始めたようです。

”勝てるかなぁ~”と思いはじめました。

・・・(‐”‐;)

わが子の経験上から、選手の思いも少しは
わかるようになりました。

選手にとって、相手がだれとかは
きにしないで、先生に教えてもらったことを
選手がどれだけできるかどうか
だと思っています。

なので、私はその子に
”うん、お名前は○○君だね~”

そして、その横にいたシードのはやと選手には
”はやと、1回戦シードだよ。
はやともそう思われてるよ~”と・・・

昨年度の上位選手はもちろんシード選手ですが
それは、その選手が勝ったからです。
誰よりも稽古をして頑張ってきた結果です。

試合をみていておもったことは
1回、2回と勝ち上がっていくときに
選手は勝ちたいからこそなのだけど

自分で”あの選手のようにすればいいのかなぁ~”
と、おもってしまいます。

”  。。) ぅんぅん
気持ちはわかる・・・”
”あれ???”
なんだかさっきとちがう・・・ヾ(°∇°*) オイオイ
前とは違う形をうってしまいます。

ここが落とし穴~
恐ろしいおとしあな~

(||゚Д゚)ひぃぃッ!(゚Д゚||)

試合のときって
いろいろあるんです。

そこで
お母さんたちにお願いしたいことは
お母さん自身が、思い込みをもたないことです。

それは、パンフレットを開いた時から
しのびよる・・・・

”恐るべし伝染病”と私は言っていますが
試合の時のいらない不安
ほんとは思い込みなんです!
その思いと共に発病しはじめて
こどもに悪影響をおよぼしていくのです。

.・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!====!!!

恐るべし、最強の伝染病!!!
これ、経験済み!
( ̄▼ ̄|||)あはは・・・

選手が選手自身の一番ベストのパフォーマンスが
できるようにサポートすることが
親の大切な役目だた思います。

親が先生になってしまわないこと
必要のないアドバイスをしないこと
選手が集中するためにだけ
親は頑張ればいいと思います。

・・・とたくさん失敗を積み重ね
今なお修行中の私からの応援です。

”おつかれさまでした\(○^ω^○)/”

-Karate mama tomo’sブログ

Copyright© 松濤誠道会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.