Karate mama tomo’sブログ

3本の矢

2020-01-08

4xyTFAa7aeCvzGs1578496966_1578496969.png

こんにちは。

今日は以心伝心でしたね。

例えばですが、大事な予定などがある時
それまで気にもしていなっかたのに

ふと、”熱なんか出でないでよ”と
思ってしまう。

すると・・・熱が出る!

Σ( ̄ ̄ ̄Д ̄ ̄ ̄lll) ガビーン

親の思い?がつたわる?!
以心伝心って意味とは違うかもしれないけど
そんなもんです。(笑)

黒帯くらいになると、試合などで
熱は出さなくなります。

ただ、試合に対しての親の言葉、態度など
選手に与える影響は大きいと思います。

まず、親が”あの選手は、どこどこの試合で優勝して・・・”って、これは試合の時には必要ない情報。

負けた時の言い訳を今から?って思ってしまう。
(´。` )カナシイ

このいらない情報は、いままでの経験から
まず負けてしまう。

これは、選手にも起こることです。

”やってみなけりゃわからない。
勝負なんて、なにがあるかわからない。”

だけど、試合では負けてしまうこともあります。
勝つまでは、負けのほうが多いって、
先生も言ってますよね。

(・3・)/ハーイ

試合で負けた時の親の対応も
気をつけたいですよね。

選手と同じように、そりゃ~ね~
もうとことん落ち込みます。
親も必死ならその分、真剣に落ち込みます。

”わかる!わかる!!”

でも、これではトモダオレ

ともに倒れても何もいいことはない。

終わった試合の愚痴を言っても
何もいいことはない。

まずは一人になって
深呼吸でもどうかしら?

そこから考えていくことだと思います。

選手は自分で必ず立ち上がってきます。

・・・番外編・・・・

こんなことを書くと、親のサポートはいらないと
勘違いする人います~?!

念のため!
親のサポートは絶対、絶対必要!!!

稽古を見に来てください。とお願いするのは
先生が選手に話していることを
親も聞いてほしいからです。

先生がなにを伝えたいのかを
親が理解していたら
選手にかける言葉が違ってくると思います。

親のサポートは先生と同じ考え方で
選手を支えていくことだと思います。

-Karate mama tomo’sブログ

Copyright© 松濤誠道会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.